たったの5つだけ!婚活を成功に導くための心構え【会話編】

こんばんわ アラフォー シングルファザー せいたろう@シンパパです。

今回は婚活を成功に導くための心構え第2弾【会話編】です。

女性との会話が続かず気まずくなってしまう。。。 
そんなことも結構ありますよね。

でも婚活を成功に導くには会話の内容は実は二の次だったりしますw

もちろん、最終的には会話の内容も重要にはなってきますが、
それ以前で断られてる場合も多いんです。

まずはあなたの言葉遣いや態度を見直してみてください。

会話が苦手な人はもちろん、あなたが自分では「会話が得意」と思っていても、
一方的に話すだけだったり、リアクションが無かったりと
会話のキャッチボールができていない人は実は意外と多いです。

「話そう」とするよりも相手の話を「聞こう」とする姿勢が大切。
気持ちの良い対応を心掛ければ、相手だって心を開いてくれますし、話も弾むようになります。

「ごめんなさい」「ありがとう」を忘れない

例えば「5分遅れます」と「ごめんなさい。5分遅れます」では
相手に与える印象は全く違ったものになりますよね。

また、人から何かしてもらったときはそれを当然と考えず
「ありがとう」の一言を添えるようにすると
コミュニケーションがずっと円滑になります。

無言で頭を下がるだけだったり「どうも」の一言で済ませるのは×です。


あなたからあいさつをする

お相手が声を掛けてくるのを待っているだけだったり、
あいさつもなしにいきなり話し始めたりしていませんか?

挨拶はコミュニケーションの基本です。
「こんにちは」「はじめまして、○○です」とあなたからあいさつしましょう。
もちろん、帰り際も必ずあいさつを。
何も言わず帰るのはマナー違反です。


相槌を打つ

相手の話を聞いている最中、無言、無表情になっていませんか?

おしゃべりが苦手ならせめて相槌だけでも打てるようになりましょう。

最初はうなづくだけでもOK。

慣れてきたら、「はい」「ええ」さらには
「それで?」「なるほど」「すごい!」など
少しづつバリエーションを増やしていきましょう。


あなたの気持ちを言葉にする

男女間の会話で重要なのは情報のやりとりよりも実は感情のやりとり。

ただ事実を述べるのではなく
「(あなたにあえて)嬉しい」「(一緒にいて)楽しい!」など
あなた自身の感情を交えて話すようにしましょう

自分の気持ちを素直に表現しないと心を通わせることはできません。


私はこれで出会いを引き寄せました。

今までは初デートで嫌なことをされると何も告げず交際終了にしていたのですが
これではいけないと思い、「そういうことは止めてほしい」と
自分の意見を伝えるようにしたら驚くほど交際が長続きするようになりました。
お相手が嫌な気持ちになるのでは?と恐れていたのですが
逆に言ってくれてありがとう!と感謝されているくらいです。
言ってくれないとわからないと悩んでおられるようです。(女性)


愚痴、悪口を言わない

愚痴や悪口は聞く人に不快感を与えるだけ。

特に自分をよく見せようとして他人を悪く言ったり
相手をほめるつもりで他の異性の不平不満を述べたりするのは逆効果。
ついやってしまっていないか注意してください。

また、ネガティブな言葉ばかり口にしていると
自分の気持ちも知らないうちに後ろ向きになってしまいます。


こんなことも効果アリ!

会話のネタになるような情報を収集するため
新聞や男性雑誌なども読むようにしました。
努力のかいあって、ゴルフ好きの彼の話も少しわかるようになり、
彼にも「趣味に理解があるところが好印象だった」と
言われました。(女性)


聞いているばかりだったのでお相手の話について質問するようにした。
一つの内容で会話が進んでお相手がどういう方か理解できるようになった。(女性)


いかがですか? ほんの少し意識するだけですぐにできることばかりなので、
自然と身に付くまで徹底してやることをぜひおすすめしますよ^^

    いつもお越し頂きありがとうございます。
    励みになりますので応援クリックぜひお願いします ⇒ 


    ツイッターでの応援もぜひお願いします⇒
mailmaga

他にこんな記事が読まれてます。

このページの先頭へ